転職ノウハウ・基礎知識

webデザイナーの転職に役立つ正しい面接の受け方

転職の採用面接で採用されるために重要なのは、面接官に雇いたいと感じさせることが大切です。

そのためには事前の対策を万全にしておくことが欠かせません。

しかし、企業や面接官によって面接の内容には違いがあるので、万全といえるレベルの対策を行うのは難しいです。

ポイントになるのは質問を想定して、どのように答えるのかを考えておくことです。

 

webデザイナーの採用面接で成功するための具体的な対策

webデザイナーの面接は質問の内容も面接ごとに異なりますが、高い確率で尋ねられる定番の質問も少なくありません。

まずそれらについて好印象を与えられる回答を準備するところから対策を始めましょう。 また、面接官は応募者のことを詳しく知りたいと考えています。

書類選考の後にわざわざ会って確認するのは、見たり話したりして人物像を明らかにしたいからです。そのうえで、自社の戦力になる人材かどうかを見極めたいという狙いがあります。

したがって、自分の実力を分かりやすく伝えられるように工夫しておくことも大事な対策といえます。

入社後の自社への貢献度を予測するために、実力だけでなく志望理由を細かくチェックされることも多いです。つまり、魅力を感じてもらえる志望理由を考えておけば採用されやすくなるということです。

 

webデザイナーの面接で聞かれる質問とは?

長所は面接における定番の質問です。

集中力や持続力があることや好奇心が旺盛であることなど、webデザインをするうえでプラスになりそうな長所を述べると好印象を与えられます。

一方で短所について尋ねられることもよくあります。素直に短所だけを答えてしまうと、悪い印象を与えてしまうので注意しなければなりません。重要なのは短所を自覚して反省し、どのように克服しようと考えているのかを話すことです。

これによって、仕事をするうえで課題に直面したとき、独力でクリアしていく素養を持っていることを示せます。 前職の退職理由についても尋ねられると考えておきましょう。この業界は出入りがとても多いので、どのような退職理由を述べても驚かれることはありません。

しかし、人間関係や給与への不満などを退職理由として述べてしまうと、転職後も同じ不満を持って辞めてしまうのではないかと心配されてしまいます。また、自分が尊敬している著名なwebデザイナーを尋ねられるケースも多く見られます。

面接官はそれを知ることで、応募者の感性や目指している人物像をある程度は浮き彫りにできるからです。面接の最後に、何か知りたいことがないか質問されるのも定番になっています。

 

ポートフォリオサイトは必須?

面接官は人物像が不明瞭な応募者を採用したいとは考えません。

自分のことをしっかり理解してもらうことが、面接の一番のポイントといっても過言ではないでしょう。ところが口や文章でいくら説明しても、正確に伝えることは困難です。

やはり実際に見てもらわないと伝わらない部分が多いです。そのための対策として有効なのが、自分のwebデザインを収録したものを用意しておくことです。

つまり、ポートフォリオに該当するwebサイトをあらかじめ作成しておくことで、効果的なアピールが可能になります。

ポートフォリオを提示するように指示する企業もあるので、その場合は指定された方法で伝えるようにしてください。

そのような指定がない場合でも、応募書類に作成したwebサイトのURLを記載しておくのがおすすめです。そうすれば多くの場合は、書類選考の段階や面接前に見てもらえることを期待できます。

自分の実力やスキルを把握するための目安にされるので、採用試験が始まっていると考えて手を抜かずに作成することが重要です。

作成するうえで分からないことがあれば、勉強して知識を補充する必要があります。そのための時間も考慮して、スケジュールを組んでおきましょう。

 

webデザイナーの志望理由を明確にしておく事

転職の面接では志望理由を最初に聞かれることが多いです。

一般的に新卒の場合は、抽象的な内容を答えてもマイナスの評価にはなりません。なぜなら新卒はこれから働き始めるので、webデザイナーの具体的な仕事を盛り込んで答えるのが難しく、熱意や向上心などが重視されるからです。

つまり、ポテンシャルを重視して作用しようと考えています。どのような仕事を割り振るのかは採用後に適性を確かめてから決めることが多いです。転職者は新卒と同じように志望理由を考えてはいけません。

中途採用を行う企業は、すでに割り当てる仕事を決めているケースがほとんどです。新しいプロジェクトが発生したり退職する人がいたりして、その仕事を担当する人材を確保するために募集します。

仕事内容に関しては求人情報に掲載されているのでしっかりチェックしておいてください。その情報を盛り込んだ志望理由を考えなければなりません。

無関係の内容を答えてしまうと、調査が足りないと見なされてしまいます。理解したうえで自信を持って応募している人と大きな差が生じることになるでしょう。

新卒のように単純にその企業に入りたい理由を答えるだけでなく、その仕事をしたい理由を明確にしておくことが大切です。

 

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です