転職ノウハウ・基礎知識

webデザイナーの資格・試験で転職を有利にしよう

webデザイナーの仕事は、文字通りウェブサイトのデザインになりますが、グラフィックソフトを使って写真の加工や色使いを考えることや実際に使う言葉のデザインも検討していくなど、いわゆる全般的なビジュアル面に関してどうしていくかを考えていきます。

その一方でそのサイトの見せ方というのも考えていく必要があり、コンピューターに関する様々な言語を用いてコーディネートをしていく仕事も実はwebデザイナーの仕事とされています。

これだけに限らず、webデザイナーの仕事は他にもwebディレクターやライターなどの仕事をこなしていくことになります。

webデザイナーはデザインだけをするわけではない

ただ単にデザインだけをするわけではありません。

それでもメインとなるのはデザインの仕事のため、webデザイナーとしての実績や力量などを調べる場合にはweb検定を受けて資格をゲットすることが大事です。

そうすることで一定の力量があることを把握してもらえるからです。

webデザイナーの資格を取るなら技能検定がおすすめ

その中でもウェブデザイン技能検定がおすすめです。ウェブデザイン技能検定はweb業界で絞れば1つしかない国家資格となっています。

国際基準に沿った形でwebデザインに関する知識などが問われる試験になっています。

ウェブデザイン技能検定は1級から3級までありますが、1級と2級の受験には、1つ下の級の資格を取得していることや一定期間の実務経験が求められます。

このため、最初は誰しもが3級を受けることになりますが、3級はウェブ制作をしている人、ウェブページの運営に携わっていた人、もしくはこれからその仕事に就こうとしている人を対象にしています。

資格を持つことで転職に有利になる理由

まずはここを合格しておくとそれなりの力量があることになります。

実務経験を積めばそれより上の資格を狙うということであれば、転職の際にそうしたことを伝えておけば安心です。力量が伴っている人を採用したいと思うのは当然であり、2級、1級とレベルアップを続けたいことをアピールしていけば転職でも有利に働くだけでなく、おおいに役にたつことになります。

HTML5プロフェッショナル認定試験

これとは別にアピールしやすくなるのがHTML5プロフェッショナル認定試験です。

ウェブデザイン技能検定と同じくらい有名であるのと同時にwebデザイナーが取得しておきたいものとして注目を集めています。

HTML5プロフェッショナル認定試験では、HTML5やJavaScriptといった知識や技術が問われ、いくつかのカテゴリーが用意されており、HTML5プロフェッショナル認定資格では、レベル1とレベル2に分かれデザインや設計の難易度に応じて設定が異なります。

ウェブデザイン技能検定では有効期限に区切りがなかったですが、この試験では5年間の有効期限があり、質を保てるかが注目です。

ホームページ制作能力認定試験

他にも様々なweb検定があり、ホームページ制作能力認定試験も転職を有利にさせます。HTML編集ソフトを使ってホームページを制作できるかが問われており、汎用性の高いHTMLを使いこなせるかどうかが問われます。

これができれば、基本的なホームページは簡単に作成でき、その管理もできるようになります。試験では与えられたものから1つのホームページを作り上げていくというもので、その中にはHTMLファイルを新規に作成することや未完成のHTMLファイルを編集することも行っていくため、総合的な知識が問われ、それを時間内に完成させることも大事な要素になっていきます。

ITパスポートの取得

これとは別にITパスポートの取得をしておくと多くの企業で使えるようになります。ITの知識はもちろんのこと、それ以外の部分である経営全般の知識なども学べます。

webデザイナーとしての力量だけでなく、社会人としてそれを使いこなせるのかという部分も企業側にとっては無視できないものです。

webデザイナーの力量は十分わかったけれど、それ以外の知識はそれだけあるのかということを企業側は知りたがっています。

ITパスポートを取得することはITの知識全般とそれ以外の知識まである程度わかっていることになり、力量以外の部分を強化させていくことが可能です。

1つのものを取得すればそれでいいというものではなく、今まで行ってきたことに説得力を持たせるために必要であるため、それにはいくつかのものを取得するのがベストです。口ではいくらでも言えますが、本当にそれなりの実績があるかを見るには面接だけではどうにもなりません。

履歴書に書いてあることなどから推察していく必要があることから、履歴書に書けるようなものを少しでも取得しておけば印象は大きく変わります。

 

資格・試験をうまく活用して転職を有利にさせよう!

結局重要なのは、すぐに実用できるものかどうかです。

HTML5プロフェッショナル認定試験のように5年間の有効期限があるようなものは現時点でそれなりの力量があることがわかります。人によっては昔取得したものを履歴書に書いたものの、やってきたことを忘れたという人もいます。

これらのものをうまく活用して転職でステップアップを目指したいところです。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です