転職ノウハウ・基礎知識

web業界での自己PR、志望動機はなんて答えるのが正解?

 

web業界の転職で有利になる自己PR方法

webの仕事に興味を持つ人は、若い世代ほど多くなります。

物心ついたころからwebの存在は身近にあったわけですから、その世界で生きていきたい、仕事をしたいという気持ちになるのは必然かもしれません。

興味はありつつも栄枯盛衰を繰り返す感が強いweb業界よりもと、安定した会社を選んだ人がやっぱりwebの仕事がしたいとして転職をするときには、他の応募者よりも有利になる自己PR方法を知っておくことが重要です。

募集をする会社によっては特定のスキルや資格を求めることがあり、その場合に条件を満たしていないとなると採用は難しくなります。

一方で、やる気のある人なら誰でも歓迎するといった募集であれば、自己PRで採用へと漕ぎつけることも不可能ではありません。

もっとも大事なことは何かと言えば、熱意です。今の時代にと思われるかもしれませんが、会社はいつの時代も熱意のある人を求めています。

多少スキルが劣っても、企業としては会社に貢献してくれる人を求めている事実は不変ですので、とにかくwebの世界でやれることはどんどんやっていきたいのだという熱意を全面的に主張することが、むしろスキルが少ない場合は一番重要と言ってもいいくらいです。

 

web業界の履歴書の書き方

web業界へ転職するための履歴書の書き方は、基本的にどのような職種の求人に応募する際に作成する履歴書と同じと考えていいでしょう。

押さえておくべきポイントはおよそ4つほどで、これまでの職歴と、持っている資格、そして自分自身のことを知ってもらうための趣味や特技、そしてなんといってもweb業界への転職を決意した志望動機が挙げられます。

この4つの項目をしっかり書くことが、転職をするにあたっては非常に大事です。ただ、web業界に転職したいと考えている人にとって、web業界向けとして他の応募者よりも注目を払ってくれる履歴書になっているかどうかが気になるというところでしょう。

今から職歴を変えることはできませんので、できるだけ働いていない期間を作らないように書くのがポイントです。ちょっとだけ行ったアルバイトでも仕事をしていた期間として記載すれば、仕事に就くことへのモチベーションが高いと判断されます。 さらに資格の欄も、昔に取得して今はすっかり忘れてしまっているというような資格も書いておきます。

向上心があることのアピールという意味合いもありますが、担当者がどんな資格に興味を持つかはわからず、webに一見関係ないと思える資格が意外と興味を引くこともあるからです。そのため、ここは書けるだけすべて書いておくのがおススメです。

 

web業界で働くならポートフォリオは必須?

web業界で働くにあたって、web関連のポートフォリオがないと全くの未経験ということで採用されないのではと考える人も多いでしょう。

これまで作成してきた作品があるなら、ポートフォリオを作るという作業に取り掛かれますし、出来上がったポートフォリオの内容をどう判断するかは、採用担当者次第です。

一方で、まったく違う仕事をしてきた人がweb関係のポートフォリオを作成しようとしても、そもそもやっていないのですから土台無理な話です。本格的なものは作成できないという前提で、今現在持っているwebのスキルを考えていかなければなりません。

例えば、webデザイナーのポートフォリオとして最低限これだけは経験が必要とされるのが、ホームページとバナーです。

ホームページ作成にはHTMLの知識が必要ですが、未経験者でも応募可としている求人であれば、当然web業界で働いたことのない人も応募してくると考えているはずです。その場合は仮にホームページを作るためのソフトを買ってきてホームページを作ったとしても、それをポートフォリオに記載しない手はありません。

専門知識はないものの、ソフトの力を借りてなら作成した実績はあるということになり、まったくないよりは有利と言えます。

 

面接で評価される志望動機の答え方

面接までこぎつけることが出来れば、志望動機の答え方がもっとも重要です。web関連の会社は数多くありますので、採用担当者が知りたいのはなぜうちを選んだのかという一点に尽きます。

志望動機の多くは、会社の将来性や安定性、さらにはこれまでの事業内容に興味を持って自分も携わりたいと考えたといったことが多く語られますが、これらは事業内容のところだけ変えれば、どこのweb関連会社の面接に行っても通用してしまう、いわばテンプレートと捉えられます。

ホームページや企業情報からこれまでの実績を調べてしっかり頭の中に入れたら、具体的にどのようなところが自分にとって魅力的であり、ここでならこのような仕事ができるのではと考えたといった具合に話すことが大事です。

その際には、熱意をもって話すことも非常に重要です。会社が求めているのは、将来会社に貢献してくれる人ですので、応募の時に熱意が感じられる人であればたとえスキルがなくても、努力して身に着けていくだろうと考えるからです。

面接先で会社の実績をどのくらい知っているかを話すよりも特定の実績に着目し、自分はこのことをどう思ったかや、どのようにして成功したのかといったことを逆に質問すると、採用者に対してうちに興味を持っているのだなと思わせることができます。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です