悩み・疑問・理由

『web業界はやめとけ』と言われる驚くべき理由

 

web業界に就職・転職しない方が良い理由

web業界に就職や転職をしない方が良いと考えられている理由は、ブラック企業が多いと考えられているからです。きちんと給料を支払ってもらえなかったり、残業が多かったりするイメージが先行している可能性があります。

しかし、これは間違いです。そもそも、世界的に見てもweb業界への需要は高いですし、外国のプログラマーやwebデザイナーの中には年収で1000万円を超えている人も実際に存在します。日本では、ブラック企業のイメージだけが先行してしまってこうした部分をあまり語られない傾向があります。

そもそも、日本のweb業界というのは黎明期が存在しましたのでweb業界で働く人たちへのきちんとした権利が確立されていなかった背景もあります。webに関する技術に疎かった人たちが多く、実際に仕事を行う人が少なかったため少人数制で長時間労働を実践するというビジネスモデルが定着してしまったという事情が存在します。同じような理由で、新しい産業としてサービスが提供されていたため、各企業と営業側で連携が取れずに仕事が調整することができなくなったこともありました。

しかし、現在ではそのようなことは少なくなっている事実もありますので誤解をしないように注意をしておかなくてはいけません。

 

web業界ってブラック企業なの?

web業界の中には、確かにブラック企業と呼ばれているものも存在します。では、本当にブラック企業しか存在しないのでしょうか。

決してそのようなことはありません。そもそも、現在のネット社会を形成している大手の会社は、ホワイト企業の典型的な会社です。現在、誰もが便利に使っている検索エンジンなどは世界的な大手の企業が作ったものですが、こう言った企業をブラックだと言う人はいません。

パソコンや携帯端末を自由に使うことが出来ているのも、こうした大手のIT業界やweb業界が作り上げたものを利用しているからです。web業界の中にもホワイト企業で非常に有意義に仕事を行うことができるところは数多く存在します。ただ、日本ではこうした話をなかなか聞く機会が存在しないだけです。

いわゆる、ブラック企業と呼ばれる企業の問題点は、業界に存在するのではなくその企業単体にあると言っても過言ではありません。

webの仕事はクライアントによって支持されることがありますので、そのクライアントと上手く連携が取れないと無理難題な仕事を押し付けられることがあります。こうしたクライアントの調整は、その会社に属している営業担当が調整するものですので、業界全体は全く関係ありません。

 

web業界は年収が高い?低い?

web業界の年収は、世界的に見ると非常に高い水準で保っています。

そもそも、現代社会を構築しているのは間違いなくITやwebの知識であるため、これらの知識を上手く活かして営業を行っていかないと今の時代では生きていくことができません。例えば、webデザインと一言で言っても、その中に利用されている技術やプログラムの形は、一つではないのです。

実際に、世界には非常に数多くのプログラミング言語が用意されています。どれだけデザイン性に優れているモノを提供したとしても、それぞれのプラットフォームにそれを対応させることができないと全く意味がありません。

そのため、特定の技術を利用することができる人というのは、どこの世界でも非常に重宝されます。実際に、世界的にも希少価値が高いと考えられているプログラミング言語やデザイン技術を持っている人に対しては、年収で1000万円以上の報酬が与えられることも珍しくありません。

こうした高い技術力を有している人は、そもそも会社に属することをしないで自分だけで仕事を請け負ってサービスを提供するフリーランスという職業に就くこともあります。ですから、web業界の年収は決して低くはないと言えるのです。

 

web業界よりブラックな業界はたくさんある!

ブラック企業というのは、企業単体が悪いのであって業界全体が悪いわけではありません。実際に、web業界以外にもブラックな業界は数多く存在します。

web業界が目立ってしまうのは、同じようにwebで活動している人たちがそれを情報発信してしまう技術に長けているという一面が存在するからです。実際に、現代社会においてweb上では多くのサービスが提供されています。

これらのサービスは紛れもなくweb業界に携わっている人たちが作り上げたものです。では、web業界の企業が全てブラックならばここまで便利な世の中になっているでしょうか。決してそのようにはなっていません。

悪い部分だけがピックアップされて、良い部分が称賛されていない背景も事実として存在します。web業界のブラック企業の原因はそのほとんどが無茶な納期やクライアントとの調整ができない企業側の責任です。

納期期限が存在しなかったら残業を行う必要もありませんし、企業がしっかりしておけば十分な給料も支払われます。他のブラックな業界も同様です。残業が数多く存在し、働きづらい環境を作っているのはその企業です。

そのため、web業界で働きたい人はなるべく良い企業を探して就職するように心がけることが大切です。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です