悩み・疑問・理由

ホワイト企業もあるよ!webデザイナーがブラック企業と思われがちな3つの誤解

 

webデザイナーに転職するのはやめた方が良い理由

自分のライフスタイルと仕事の拘束時間が合わない理由で、webデザイナーに転職する人はやめた方がいいです。

その理由はwebデザイナーの仕事はクリスマスに必要な販促ポスター、ゴールデンウィークの旅行に役立つパンフレット等多岐にわたるからです。

これらの仕事はイベント前に厳しく納期を決められており、報酬内容によっては複数件の仕事をしなくては生活できない状況に遭遇します。 中でもメディア販促予定の仕事の時は、納期を伸ばす事自体が不可能なので納期厳守は絶対条件になり、転職前よりも時間に拘束されます。

またデザインするために販促対象に関する一定以上の知識が必要なため、知識習得のための勉強時間が一般職よりもはるかに多い特徴があります。

これらの知識と技術を取得した上で、製作依頼をしたクライアントの希望に答えなければなりません。 なので編集技術以上に人とのコミュニケーション能力の高さが必要になり、転職前以上に人の繋がりで自由がなくなったと感じる人もいます。

また習得した知識や技術は未来的な変化を遂げる事も多く、新しい製作ツールを含めた仕事環境に対応していく必要があります。 そのため職業に安定性を求める方はwebデザイナーへの転職はやめた方がいいです。

 

webデザイナーの残業代はキチンとでる?

クライアントからの納期厳守が命題として挙がるwebデザイナーですが、それと同時にコスト以内で仕事をする必要性が求められます。

よってそれ以上の時間やコストをかけてしまうと、残業代がキチンと出ない可能性が高く、納期間近にはその状況が顕著になります。 その感覚が常習的になっている企業では、見なし残業代を予め給与内容に含めて提示しています。

しかし見なし残業代を表記している時は、指定時間を超えた時に別途残業代の支給がある企業も多いので参考にしてください。 尚フリーのwebデザイナーが仕事を請け負う時は、報酬が出来高制の場合が多いため残業代が出ません。

それ以上に納期を守らないと契約料金の支払いが滞る時もあるため、納期厳守の上で仕事を遂行しましょう。 反対に大手に限らず継続契約に成功しているwebデザイナーは、残業代支給が保証され仕事内容によって取材費用の支給があります。

加えて企業によっては残業代をインセンティブ制度に盛り込んでいる所もあり、仕事のクオリティ内容に次第で昇給チャンスのメリットもあります。 同時にノルマが設定され、必要以上の予算が下りずに給与全体が少額になるデメリットもあるので注意が必要です。

 

ホワイト企業に転職したいなら

転職事象は企業からすれば離職行為に値するため、ホワイト企業を目視的に確認するならば離職率の低さが選択基準になります。

離職率の一般公開は専門誌で確認でき、新しい職種へ転職を考える方は新卒入社の3年後離職率を参照しましょう。

同時に転職候補に挙がっている企業の採用情報の掲載間隔も重要で、掲載頻度の高い企業は離職率が高く、頻度の低い企業はホワイト企業と言えます。 次に福利厚生の充実度からホワイト企業を選別し、雇用保険と健康保険は含まれている企業がお勧めです。 尚ホワイト企業の中には法定外福利厚生を提供してる場所もあり、代表的な物だと住宅手当や育児支援があります。

また転職希望者からは社員食堂の存在も人気なので、ホワイト企業に転職したい時に参考にしてください。 さらに特徴的な企業だとノー残業デーを作り、定時に帰れるという雰囲気を自然に作る努力をしている企業もあります。

以上の点を把握して実際に現地で面接をする事になったら、職場環境の年齢層を確認してください。 年齢に偏りがない場合は継続的に新しい人材が入っている証なので、ホワイト企業と言えます。

こういった職場環境では明確な昇給制度を設けている事も多く、転職前よりもやりがいを感じられるためお勧めです。

 

異業種に転職するのも一つの手

業務内容によっては異業種でも技術や知識の代用ができる職場が存在するので、それを利用した転職も検討してみましょう。

例えば企業の新製品開発の部署に配属してた方は、開発予算の分配や実情を分かっているため、他の開発部署に転職しても業務内容に適応できるメリットがあります。

また今の職場環境を把握しているために、その次の工程でやる職種に転職する方も多くなっています。 代表的な事例だとアプリケーション開発とデバイスの研究開発部署で、それぞれの職場の勝手を理解した適応力が評価されます。

さらに一般化された転職事例だと、メーカー製品の開発を行っていた人がその商品を販売する小売店を経営する事例です。 最近ではフランチャイズの仕組みを利用する方も多く、異業種転職の切っ掛け作りに成功しています。

そして最も汎用性の高い転職が商社関連企業の事例で、物の流通を管理する職業なので多くの異業種で仕事内容が同じな部分があります。 商社関連からの異業種転職は突出して多く、希望者の8割以上が転職に成功しています。

特に事務系統等のデータ管理を行っている方が多く、受け入れる企業側も即戦力として希望する人材の一つです。 この他にも建設や不動産事業や医療関係の仕事は、異業種でも関連した業務内容が多いため転職希望者が多い特徴があります。

 

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です