悩み・疑問・理由

webデザイナーとして転職する自信がない人に読んで欲しい記事

webデザイナーとして転職する自信がない人。

あなたが思っているほど、web業界はWebデザイナーを欲しています。

そして、企業で働かなくてもフリーランスとして働く方法もあります。

この記事ではwebデザイナーがフリーランスで働く為の必要な事をまとめました。

 

フリーランスになるのは決して難しいことではありません

会社から独立して一人で仕事を開始すれば、それだけでもフリーランスです。

しかしフリーランスが一番難しいのは、継続して長い間仕事を貰い続けていくことです。そのためには様々な記事を読んで知識を深めていくのが良いでしょう。

最も読んだほうが良いのがweb業界に関する記事です。新しいデバイスの登場によってそれまでのデザインとは変わってくることもありますし、技術が変われば好まれるデザインも変化してきます。業界の流れに乗っていくためには最新の情報に対して常にアンテナを立てておく必要があります。

特に変化が激しいのがスマートフォン市場です。画面サイズが変更になることも多いので、リキッドレイアウトは基本になるでしょう。

デザインの仕方によってはコーディングが難しくなってしまうこともありますので、コーディングをする段階まで踏まえたデザイン作りができるようにならなくてはなりません。パソコン向けとスマートフォン向けに分けてデザインをしなくてはならないことも多いため、両方に対応できるようになるのが望ましいです。

新しい製品の情報は定期的に出てくるので、まとめ記事などにも目を通しておきましょう。

 

個人事業は自分のセールスポイントが必須

独立するからには会社とは違う自分のセールスポイントがなくてはなりません。そのために必要なのが高い技術力です。

技術と言っても少しの工夫だけで大きく変わって見えるのがwebデザインです。便利なブラシやプラグインを知っているだけでも、利用できるものが変わってきますし、1つの作品を作り上げるのに必要な時間も違います。 フリーランスはあらかじめ報酬が決められている案件がほとんどですので、いかに短期間に高いクオリティのものが作り出せるかが収入に大きな影響を与えます。

便利なブラシに関する記事を見つけたらブックマークしておき、すぐに利用できるようにしておくと良いでしょう。中には商用で利用できないものもありますので、著作権には注意しておく必要があります。

コピーライトを載せないと使えないものもあるので、そういったものは企業向けの案件には使えません。 JavaScriptのライブラリなども時間短縮には欠かせません。

1から自分で作成する技術があったとしても、利用できるものは利用するのがオープンソースの時代です。こうしたライブラリはコーディングの段階で役に立つので、技術的に役立つような記事はブックマークしておきましょう。

 

フリーランスは自分で経費の計算や納税を行わなくてはなりません

安定して仕事を続けることももちろん重要ですが、フリーランスは自分で経費の計算や納税を行わなくてはなりません。

フリーランスになって多くの人が戸惑うのが「確定申告」です。確定申告は1年間の収入を申告し、必要な税金を納める手続きですが、正しく計算をしていないと無駄に税金を払ってしまったり、翌年の健康保険料や住民税が高くなってしまうことがあります。 独立したら必ず税に関する知識を身に付けておきましょう

税金に関する記事は検索すればたくさん出てきますが、特に重要なのが経費の申告方法や青色申告、帳簿のつけ方などです。会社員には給与所得控除がありますが、独立したフリーランスは「事業所得」となるので、給与所得控除を適用することができません。そのためかかった費用は自分で計算して所得から引かないと、節税することができないのです。

自宅を事務所として利用している場合は、地代家賃や光熱費の一部を経費にすることができます。経費にできるものとそうでないものがあり、それぞれ項目も異なります。わからないことが出てきたらすぐに記事を確認して、正しく税の申告ができるように準備しておきましょう。

帳簿はまとめて作ると大変なので、定期的につけていくようにしましょう。

 

フリーランスは年金を受け取る事ができない?

会社員であれば将来的にも安定した収入があり、退職をすれば退職金が払われるでしょう。厚生年金に加入しているため、国民年金にしか加入していない人よりも多くの年金を受け取ることができ、老後の生活にも不安は少ないです。

しかしフリーランスは国民年金にしか加入していないため、毎月受け取ることができる年金はとても少なくなります。家賃などの支払いを考えると年金だけでの生活には不安を覚えざるをえません。 そこで読んでおきたいのが、フリーランスの老後に関する記事です。最近では確定搬出年金など自分で加入するタイプの年金がたくさんあります。人によって加入することによるメリットとデメリットがありますので、必ずしも加入したほうが良いというわけではありませんが、将来に対する計画を立てるためには、年金や生命保険に関する記事は読んでおいて損はしません。

生命保険の中には就労不能となったときに長期間見舞金が支払われるようなものもあります。会社員と違ってフリーランスには後ろ盾がありませんので、もしものときに備えておくことはとても大切です。

フリーランスは会社員と違って不安定で将来に対しても安心はできませんが、自分の好きな仕事を選んで、自由に時間を使うことができるというメリットがあります。人生の中で働く期間はとても長いので、自分らしい人生を歩むためにも働き方を考えてみるのも良いでしょう。

 

 

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です