悩み・疑問・理由

webデザイナーの将来性は?今から目指しても需要があるのか?

 

webデザイナーの需要と供給

webに関わる仕事がしたい人は多いですが、さまざまな仕事があるため、しっかりと考えてから仕事探しをしなければなりません。いくら本気でやりたいと思っていても、社会で必要とされていないのでは意味がないのです。

やみくもに探そうとしても、なかなか自分に合った仕事を見つけることはできないため、まずは需要と供給について考えることが必要になります。webでの仕事で人気が高いものの1つとしては、webデザイナーを挙げることができます。 あまり需要がないと言われることもあるwebデザイナーですが、実際にはさまざまな場面で必要とされている職業です。もちろん能力の低いwebデザイナーの需要はないので、しっかりとスキルを磨く努力を続けなければなりません。

これまでに全く経験がない人でも、十分な勉強をしてスキルを高めることができれば、今からでもwebデザイナーを目指すことは可能です。 webデザイナーと一口に言っても、どのような作業をするかによって需要は変わってきます。サイトのデザインを作っていくことを中心にするケースと、コーディングを中心にするケースとがあるので、どちらが自分に向いているかを考えることが重要なポイントです。

 

webデザイナーの転職は売り手市場

転職活動を始めようとしている人は、世間の状況が売り手市場なのか買い手市場なのかを冷静に見極めなければなりません。

せっかく本気で仕事をしたいと思っているのに、世間が買い手市場になっているのでは苦労が多くなってしまいます。その点、webデザイナーは売り手市場になっているため、比較的スムーズに転職活動を進めることができるのが魅力です。

もちろん、やみくもに応募を繰り返しているだけで採用につながることはないので、応募する企業の選び方には工夫が必要とされます。 webデザイナーを募集している企業の情報を多く集め、その中から自分が応募したいと思えるところを見つけることが基本です。売り手市場になっていれば、書類選考で落とされてしまう可能性は低くなるため、安心して転職活動に臨むことができます。

ただし、応募書類に記入する内容が魅力的なものになっていなければ、面接を受けるチャンスを掴めたとしても、最終的な採用には結びつきません。

webデザイナーの経験がある人はその経験を積極的にアピールし、未経験や経験不足の人は自分のスキルをどのように活かせるかを考えて伝えるようにします。きちんと面接担当者に伝われば採用されやすいです。

 

webデザイナーを目指すのはリスクはないのか

転職活動を行う時点で売り手市場だったとしても、その状況がいつまでも続くとは限りません。スムーズに転職してwebデザイナーの仕事を始めた後に、需要が少なくなってくるというリスクを考えておく必要があります。

需要が減り始めたときに求められるのは、他のwebデザイナーと違った仕事ができるかどうかです。万が一のリスクに備えて、自分の強みとなるスキル・知識などを身につけておくことが求められます。 ただ単にwebデザイナーになりたいという気持ちだけで転職活動を始めるのは、かなりリスクが高い行為だと考えられます。

webデザイナーになった後、どのような仕事をしたいのかを具体的に思い描いておかなければなりません。目指すこと自体がリスクになるわけではないのですが、安易な気持ちで目指すのは大きなリスクです。

中小規模の会社に転職すると、景気などに左右されて働きにくくなる可能性があります。webデザイナーの経験が多い人の場合は、なるべく大手の会社を中心に応募するとリスク軽減につながります。

あまり経験がない人は大手企業に採用される可能性が低いため、どうしても中小規模の会社に入社するケースが多いですが、将来を見据えてスキルアップを図る姿勢を持ち続けることが大切です。

 

未経験からでもwebデザイナーにはなれる

一般的に、転職活動では経験が多ければ多いほど有利だとされています。webデザイナーの場合も、十分な経験を積んでいる方が転職しやすいのは事実です。

とはいえ、webデザイナーの経験が豊富な人は限られるため、求人を出している企業の側も未経験者を歓迎していることが少なくありません。

未経験だからといって、最初から諦めてしまう必要はないのです。他の経験を上手に活かすようにすれば、webデザイナーになることは十分可能なことだといえます。

大切なことは、応募しようとしている企業の条件を入念に確認することです。経験必須とされている場合は当然応募できないわけですが、経験者優遇となっている場合も注意しなければなりません。

あくまでも優遇なので、未経験でも応募することは確かに可能です。しかし他の応募者が経験豊富だったときは、その人が優先されてしまいます。

webデザイナーの経験がない人は、未経験者歓迎といった記載がある企業を中心に探していくことが成功につながるのです。

未経験者歓迎の会社は、経験があるかどうかよりも熱意を持っているか、他の経験をしっかり活かせるかを重視しています。面接でのアピール方法を工夫すれば、転職活動がうまくいきやすいです。

 

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です