悩み・疑問・理由

webデザイナーとプログラマーどっちが人気で目指すべき?

 

webデザイナーとプログラマーはどっちに転職するべきか?

webデザイナーとプログラマー、どちらも一人一台スマホを持っており、一家に一台パソコンが有る現代社会において欠かせない職業です。

これらの仕事をする人がいなければ世の中が回らない、そのレベルで重要な職業と言えるでしょう。 さて、この2つの職業どちらに転職するかですが、転職の際の難易度は難しそうといったイメージに反して高くありません。

どちらもこの世界に必要不可欠な職業であり、広く浸透しているという関係上比較的とっつきやすいです。仕事内容はどちらも専門的ですが技術を学ぶための学校や施設は数多く存在し、ネットでも無料講座の視聴が可能であったりという、学ぼうと思えばいくらでも技術だからです。

そのため、転職するべきなのは「自分に合っている」と感じる方でしょう。パソコンでシステムを作るのが好きであったり、興味があったりする場合はプログラマーの方が、自身のデザインセンス・美意識に自身がある場合はwebデザイナーといった具合です。繰り返しになりますが、この2つの職業への転職ハードルは高くありません。自身がどちらに向いているのか、それを知るために独学で勉強してみたり体験スクールに行ってみたりすることで、自分に合った職業を探すことに集中するべきです。

 

webデザイナーの主な仕事

名前の通り、ウェブページのデザインをするのが主な仕事です。また、プログラマーと比べて必要な専門知識の量が少なく、web上で気軽に学べるのが特徴として挙げられます。もちろんHTMLやCSSといったプログラミング言語やadobeのソフトウェアなどを用いて作りますが、プログラマーが扱う言語より覚えることは多くありません。その一方でロジカルなデザインセンスが求められる場面もあり、学校の美術の評価は5だった!といった人に向いているはずです。 この職業は顧客の要望を聞き、デザインを考え、コードを打ち込みウェブページを完成させるという一連の流れが仕事内容となります。デザインを考えるといえども芸術家のように自身の構想を形にするだけではwebデザイナーは務まりません。葬儀会社のサイトを作るのであれば落ち着いたデザインを、スポーツ用品店のサイトなら躍動感を出すといったように、その場その場で求められるデザインを臨機応変に行う必要があります。 デザイナーという仕事上「顧客の望むデザインを作る」ことが目的となるので、いかにセンスを発揮できるかではなく、いかに顧客の構想を汲めるかにwebデザイナーとして活躍できるかがかかっていると言えるでしょう。

 

プログラマーの主な仕事

一口にプログラマーと言っても、作るものは様々です。ゲームやアプリ制作はもちろん、家電システムや社内システムの構築など多岐に渡ります。使用するプログラミング言語も豊富であり、良くも悪くも自由度が高い職業です。またwebデザイナーと違い、仕事内容はほぼプログラミングのみです。各部署との連携が必要な「○○を作るために行う仕事」といった仕事に関わる際も、全体のプロジェクト管理はシステムエンジニアと呼ばれる人が総括するので、コミュニケーション能力よりプログラミングの正確さや速さ、読みやすさなどが求められます。 また、IoTやVRなど新たな技術も台頭してきました。それらを扱う会社に就職すれば、希少価値の高い分野のプログラミングの経験がある、有用な人材になれる可能性すらあります。転職するなら新技術が発展途上である、今が狙い目かもしれません。 仕事が膨大でデスマーチだ、社内環境が酷く、まるでIT土方などと揶揄されるIT業界に不安を感じる人もいると思います。しかしこれは、当たり前ですが会社によって大きく異なる話です。人手不足の対策として高待遇な会社も数多くあり、ITの資格を取る場合手当が出る場合もあります。発展途上な業界なので、新しくできた分野に入り込むスキがあり、実は昇進しやすい業種かもしれません。

 

どっちが転職しやすい職業?

転職しやすさだけで言えばプログラマーでしょう。IT業界の有効求人倍率は、厚生労働省調べで3倍を超えています。一方webデザイナーは1.2倍ほどであり、更にとっつきやすいという性質上ライバルは多いです。それを考えるとプログラマーの働き先は多く、業種も豊富なので就職自体はしやすいです。 プログラマーは専門知識が必要なため他の職業に比べて就職のハードルが高いと感じるかもしれません。しかし圧倒的に人手不足な業種でもあるので、専門知識ゼロでも大丈夫!と謳う会社もあります。また、プログラミングスクールなどに通うにしてもエンジニアを欲している企業が主催しているものなど、無料で技術を習得できるシステムもあるのでそこまで就職のハードルは高くありません。現在の仕事を辞め、新しい会社を探すまでの短い期間技術の修練に励めば、大企業への就職も夢ではないです。 webデザイナーとプログラマー、どちらも現代における「手に職」と言えます。webデザイナーもクリエイティブな能力を発揮できる人にはおすすめであり、転職後にこれらの技能を獲得することができれば、自身の大きな強みになるでしょう。自身に合った仕事に転職できるように頑張ってください!

 

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です