悩み・疑問・理由

【解禁】高い?低い?web業界の年収ランキング

 

web業界の年収ランキング

web業界は人気のある業界の1つですが、人気の割には年収が低いと思われています。年収が高い業界と比較すると、確かにweb業界の年収は高いと言えない水準ですが、とりわけ低いとも言えないレベルを維持しているのが特徴です。

しっかりと仕事をしていれば、それに見合った収入を得ることはできる業界だといえます。 web業界と一口に言っても、会社によって年収は違っていることに注意しなければなりません。

どの会社で働いても同じ程度の年収が得られるわけではないので、web業界への転職活動を検討している人は十分な情報を集める必要があります。年収が高ければ高いほど良い会社だというわけではないので、年収にこだわりすぎるのも考えものですが、気をつけていないと低すぎる年収の会社に入社してしまいます。

web業界の年収ランキングで上位に入っている会社と入っていない会社とでは、年収で350万円近くもの差がついているのが実態です。

そのため、上位の会社に入ることができれば生活が安定しやすいですが、ランキングが低い会社では苦労することがあります。特に年収ランキングで130位以下の会社は、年収が300万円台となるため苛酷な状況になっているのです。

 

web業界の就職ランキング

年収が高いか低いかという点から考えると、web業界への転職には不安があるといえます。しかし、転職活動をする際に求める条件は、必ずしも年収が高いかどうかではありません。

そのためweb業界は就職や転職を考えている人の間で、高い人気を集めているのです。いくら高い収入が得られても、モチベーションを維持することができずに短期間で転職したいと思ってしまうのでは意味がありません。

あまり年収の面では期待できなくても、やりがいが感じられる職業に就くのが望ましいです。 一般的に、web業界は労働時間が長いことで知られています。年収がそれほど高くないのに労働時間が長いということは、労働環境の部分ではかなり苦労することがあるわけです。

web業界に就職したい場合は、自分が応募しようとしている会社の労働環境について確認することが欠かせません。残業時間が長すぎないか、残業代はきちんと支払われているかは最低限知っておくべき情報です。 就職ランキングでは、web業界は高いところに位置しています。

中小規模の会社は将来性などの面で不安になる部分があるため、やはり高い人気を集めているのは大手の会社です。専門的な知識がなくても、応募することは可能です。

 

web業界で働くならどんな職業が良いか

web業界というのは非常に広い概念です。

とりあえずweb業界で働いてみたいという安易な気持ちで応募してしまうと、よく分からないまま入社することになり、結果として思っていたものと違ったということになりかねません。

あらかじめ業界研究を徹底的に行い、web業界がどのような業界なのかを理解しなければならないのです。web業界で注目されている職業には、たとえばwebデザイナーがあります。

年収があまり高くないと思われているweb業界において、webデザイナーは比較的高めの年収が期待できる魅力があるのです。

もちろん年収が高くなるか低くなるかには、会社の業績などが関わっている他、それぞれの能力が大きく関係しています。入社する時点で十分なスキルがある人は、最初から高収入が期待できるわけです。

特別なスキルを持っていない人でも、web業界の会社には応募しやすいです。たいていの場合、未経験者歓迎となっています。大切なことは、入社した時点での年収が高いかどうかではなく、働きながらスキルアップすることが見込めるかどうかです。徐々にスキルが上がっていけば、それに伴って年収も上がります。

webデザイナーのように専門的な職業は、初心者に向いているのです。

 

web業界より年収が高い職業

年収が高いことで有名な業界としては、金融関係が挙げられます。

銀行・投資銀行・監査法人などの仕事は、web業界よりも年収が高いのが一般的です。それだけ専門性が求められる難しい職業であることは間違いないわけですが、本格的に稼ぎたいと考えている人には向いている職業だといえます。

web業界のように未経験で簡単に就職・転職することができないので、スキルのある人にとっては激しい競争に巻き込まれにくいです。

知的財産に関わる業界や医薬品関連の業界も、web業界より年収が高めになっています。年収が高い業界に共通しているのは、誰でも簡単にできるわけではなく、かなり専門的な知識が求められることです。

しっかりと経験を積んで、ステップアップを図らなければなりません。また、どれだけ稼げるかばかりを考えて転職しようとすると、やりたいことが見えにくくなり、何度も転職を繰り返すことになるため注意が必要です。

転職活動を始めるに当たっては、1つの情報に流されないことが求められます。ランキングを参考にすることは有益ですが、ランキングの情報が全てではありません。年収1位の会社だからといって、働きやすさの面でも1位とは限らないのです。

総合的に判断することが転職活動の成功に結び付きます。

 

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です