悩み・疑問・理由

IT・通信企業は常に人材不足で転職チャンス!ホワイト企業を目指すなら外資系が良い理由とは?

拡大を続けているIT業界では、圧倒的に人材が不足している。

売り手市場という事もあり、IT・通信エンジニアの求人は豊富にあるので吟味するべし。

現在のトレンドを理解して優良企業に転職を目指してみましょう。

 

IT・通信エンジニアは常に不足している

今やすべての産業でITが活用されているといっても過言ではない時代。しかし、それとは裏腹に人材が足りない状況は続いています。選択肢は多いため、焦らずじっくり選ぶことが重要。

IT需要が高まったもの

  • 通話
  • ニュース・報道
  • エンタメ
  • スマホ系アプリ

世界規模の開発合戦

IT業界はグローバルな視点でも成長産業。しかもインターネットを介しているので世界中どこでも一瞬で繋がることが可能。開発競争は激しく、技術革新が世界規模で進んでいます。

多くの外国人が日本に移住して仕事をしており、外国人エンジニアと英語で仕事をする職場も増えています。

スマホやloTの流行などもあり、今後もこの超売り手市場は続きます。

ある程度技術がある人は、転職の際には貴重な会社選びをしましょう。また技術革新も激しく常に新しい変化に対応していくために勉強も必須です。

 

外資系企業はホワイト率が高い?

外国人雇用が増えると企業もグローバル化が課題になります。そこをうまく解決した企業はホワイト確定なので飛び込むチャンス。

地球規模で成長を続ける産業で、お金も就労者も増え続けている。特に中毒、インド、シンガポールなどアジア圏の人材が、世界のIT産業を支えている。

日本でもグローバル化が促進されたことで、ブラック体質が改善された企業も増加。また大手外資系も日本に進出しているので、そこを目指すのもあり。

見極める時間が惜しいなら、少々の言語力でも外資系の会社に入ってしまうことも手だ。もちろん転職後の勉強は必須だが、体質はホワイト確定で就労環境も整っていることが多い。時間があるなら、企業をしっかりと調査するべし。

 

英語とプロジェクトマネージャー能力が転職へのカギ

日本的な年功序列という考え方は、グローバル企業には一切ない。

成果がない場合は、その部署ごと切り捨てられることもあるので、転職後も努力を惜しまず勉強することが求められる。外資系は見返りも大きい仕事だが安定雇用は言いづらい点もある。

日本のブラック企業体質が絶対に嫌な人は外資けいも選択肢の一つ。上司が外国人の場合もあるので、英語の勉強は必須です。

中でもおすすめ企業は「グローバル企業」と「外資系企業

特に日本に来ているベンチャー企業が狙い目です。

PM(プロジェクトマネージャー)は引っ張りだこ

プロジェクト全体の流れを管理し、開発を取り仕切るPM(プロジェクトマネージャー)能力はどこでも不足している超一流スキル。

特にどの業界ということもなく、必要性が高いがスマホ需要でアプリ開発の業界は常にPM人材が足りていない。

 

トレンドを見極めて外資系でホワイト企業へ

今のIT産業は拡大し続けて、もはやどの産業でも関わってくる必須職種と言われている。そのため、常に人材不足であり、外国人で補てんしている状態が続いている。

就労人数も2万人を超えていて、日本の雇用環境も変わることが要求されている。

しかし、人材不足が続くとブラックな労働環境になってくるのも事実。

幸い売り手市場なので、転職の際にはしっかり時間を取って見極めることだ絶対条件。確実にホワイト企業へ行きたい人は、外資系企業か、グローバル化に成功した日本企業が、ワークライフバランスに優れているのでオススメ。

ただし、英語の勉強とシビアな競争に勝ち抜く努力と度胸も必要となってきます。最近は大人になって英会話スクールに通う人口も増えています。

今後、転職する際にグローバル企業を狙うのであれば今のうちに転職サイトの登録や、英会話スクールに通い準備しておくのが事でスムーズな転職ができます。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です