悩み・疑問・理由

ファッションセンスを高める!webデザイナーの服装事情

webデザイナーは服装の決まりがなく、私服で業務をしているイメージ強いです。

実際、ほとんどのwebデザイナーは私服で業務しています。

実際、webデザイナーで働く場合、どんな服装で働くべきか?

MIYUKI
MIYUKI
素朴な疑問を掘り下げてみました。

 

webデザイナーはどんな服装で働くべき

webデザイナーは基本的にスーツやネクタイのサラリーマンスタイルの服装である必要はありません。

一般的にweb業界はカジュアルスタイル・ビジネスカジュアルの服装ですし、営業職以外はスーツ着用している職場も少ないでしょう。

客先に赴く立場の営業職は、自由なweb業界であっても相手に不快感を与えないような服装をする必要がありますので、スーツ着用のケースが多いでしょう。 ただしwebデザイナーの場合は、スーツ着用の必要が無い職場が多いですが、本当になんでもOKというのは幻想で、ビジネスカジュアルが基本です。

オフィスの他の人たちのファッションと違和感のない程度に、あまりに浮いてしまわないように職場の空気感を読んでファッションを選ぶことがよいでしょう。 フリーランスのWebデザイナーなら、服装は自分の自由ですが打ち合わせなどで客先へ出かけることもあるでしょう。

出先でどのような印象やイメージを与えるかは、自己責任です。 よっぽど人気と実力のある人なら名前だけで仕事をとれるかもしれませんが、フリーランスには服装も名刺代わりになります。

できればwebデザイナーとして、センスのよさを感じさせるファッションが望ましいです。

 

センスが良いと思われるファッション

デザイナーとしてセンスがよいと思われるファッションや服装は、一般の人にも理解の出来るレベルのファッションです。

あまり突飛な変わったスタイルは、普通の人には理解ができませんし、センスがよいとも感じて貰えません。 クライアントとなる企業やお客さんに分かる程度のセンスのよさ、清潔感をベースとしたダサくない程度の普通さ、そこから一歩だけ垢ぬけた感がポイントになります。

例えば、定番のファッションでも少し色合わせで遊んでみる、ユニクロなどのリーズナブルな定番カジュアルでも色の組み合わせで魅せることは可能です。

まずは定番ファッションを押さえてから、少しの遊び心をプラスする、色や小物で遊んでみるのが、大きく外さないためのポイントです。 なにより自分の体形にキッチリと合うサイズ、大きすぎてダブダブしていたり、小さくてピチピチしていたりするのは、もちろんNGです。

サイズがあっていない服を着ていると、相手にだらしない印象を与えてしますし、センスの良し悪し以前の問題になります。 webデザイナーもクライアントがあっての仕事です。

一度だらしない人というイメージがつくと、仕事の出来や納期もだらしないと思われがちなので注意しましょう。

 

webデザイナーの面接では私服もチェックされる

webデザイナーの転職時には、面接ファッションも重要な自分の自己アピールの一部であり、イメージ戦略として重要です。

応募先が固めの企業だったりする場合は、面接時の服装はスーツがよいでしょう。

自由度の高い代理店などであれば、服装自由で私服で挑むことも多いと思いますが、その会社の社風や他の社員たちのオフィスファッションをリサーチすることがおすすめです。

面接官は応募者の私服をしっかりチェックしていますし、自社に入社して他の社員たちとうまくやっていけるかどうかも判断材料とします。 転職エージェント経由の場合なら、応募先企業にあわせた面接スタイルのアドバイスが貰えるでしょう。

スーツスタイルで面接に行く場合でも、シャツやネクタイで少し遊ぶ、センスのよさを垣間見せたいものです・ 大学生の就活のような紺スーツやネクタイでは、没個性でデザイナーとしては疑問符がつくかもしれません。

とはいえ清潔感が無いスタイルでは社会人として失格ですし、採用する気にもならないでしょう。

適度な遊び心と適切なしゃれっ気、自分の趣味嗜好やセンスを上手にアピールする程度にとどめてください。

私服の場合もカジュアルすぎないように心がけ、目上の人に合う、相手を敬う意識を感じさせるファッションがよいでしょう。

自分のスキルや経歴に自信があったとしても、あまりに面接というイベントに場違いな服装では引かれてしまうので気を付けてください。

 

webデザイナーらしいファッションスタイルとは

webデザイナーに求められるファッションセンスとは、誰からも不快感を持たれることが無い服装、嫌味なく好感度の高いファッションです。

別にコンサバな服装である必要はありませんし、アバンギャルドな高感度センスも特に必要とされていません。

一般的な服装でありつつ、真面目すぎたり固すぎるよりは少しだけ軽めニュアンスで、ちょっとだけキレイめな印象がおすすめです。

決して独りよがりのオレオレ系やイケイケ系ではなく、カジュアル過ぎず小汚い感じでも無く、キレイめなファッションを心がけてください。

打ち合わせの服装なら、スーツでなくても冬場はジャケットスタイル、夏はシャツスタイルが基本です。

場面に合わせてボトムは、チノパンやカジュアルパンツもよいとして、ダメージ系ジーンズは避けたほうが無難でしょう。

クライアントのコンセプトやイメージをヒアリングして明確な形にする大切な場面ですから、「この人に任せて安心」と思われる服装の方が得策です。

「この人おかしい?コスプレ?」と思われるような奇抜な衣装では、企業イメージと合わないと思われて、案件を失う可能性も出てくるかもしれません。 顧客の企業ブランドに合わせて、当日のスタイルを選ぶという配慮も服装選びのポイントになるでしょう。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です