悩み・疑問・理由

webデザイナーで年収1000万円は可能!?優良な企業に転職すれば夢ではない?

 

webデザイナーで年収1000万は可能?

webデザイナーで年収1000万は可能です。

というよりは既に多くのwebデザイナーが年収1000万を超えている事実がありますから、特に年収1000万というのは多いというような額ではないと考えても良いかもしれません。これだけネットが利用される時代ですから、webデザイナーに対する需要は大きなものがあり、これからさらに多くの人がネット業界に参入してくる事を考えれば、webデザイナーの収入はさらに上がる事も考えられます。

少なくともこれまでよりも多くの人がwebデザイナーとなると考えても良いでしょう。そして、それだけの需要を発生させる新しい事業が此処にはあるという事もいえます。勿論競争は激しくなるので、常にスキルアップをしていく事が求められるシビアな世界だという事は言えますが自由競争をしているところであれば、常に努力が必要という事はどこでも同じですから、webデザイナーだけがしんどい仕事だというような事にはならないでしょう。

そういう意味ではやりがいもあり、報酬も高いものが期待できるので、人気となりやすい仕事でもあるといっても良いはずです。成果が目に見えて満足感も高いというのは魅力的だと感じる人も多いかもしれません。

 

優良企業に転職すれば高収入も現実的

優秀なwebデザイナーは企業も欲するところですから、優良企業に転職すれば高収入となる事も可能で現実的な事だといってもいいでしょう。

優秀なwebデザイナーは企業からすると是が非でも獲得したい人材という事になります。 というのは、これから企業にとってwebか必須と言うよりはこれをどう活用するのが問われているのであって、有るのが前提でこれをいかに利用者にアピールするのかが問題となりますが、これに深く関わってくるのがwebデザイナーという事になるからです。

ですから、これからのwebデザイナーは単にデザインが出来る問うような事だけではなく、サイト運営全体に関わってくる知識も必要になるという事になるのかもしれません。SEOという検索エンジンに高評価をもらう為の技術も考えてそれをデザインに組み込むことが出来れば、それは大きな武器となる事は間違いありません。

企業にとってはいかに多くの訪問者を獲得するのかが企業の生命線でもあるわけですから、webデザイナーはある意味では起業の生命線を担う仕事をしていることになるとも言えます。ですから、高収入で召し抱えても全然企業には問題になる事はありません。むしろどれだけ出してでも優秀な人材を獲得したいと考えるところのはずです。

 

webデザイナーは転職しやすい環境

そしてwebデザイナーは転職しやすい環境があるという事も魅力的かもしれません。組織で仕事をしているというよりは、個々で仕事をしていることが多いと思われますから、自分の意志だけで転職をしていい環境があるという事も言えるでしょう。

組織に属していてプロジェクトをいくつも抱えているというような状況になると、もう仕事関係もややこしくなっていて、転職がどうのこうのというような事が出来る環境に亡くなってしまうという事も無いわけではありません。

転職をする為に一度仕事を整理しなければならないというような事になれば、それだけで会社や関係者にダメージを与えることになってしまうので、なかなか転職を考えるという事が難しいという人もいるわけです。

webデザイナーは独立した個として仕事をしていることか多いと考えられますから、環境的にはいつでも転職することが出来る環境に近いと考えられます。少なくとも依頼されているデザインを仕上げることが出来れば、それで区切りがつけられるようになっているので、それを機会にするという事が出来ます。

組織に属しているといくつもの仕事を並列でしていることがほとんどですから、なかなか組織を抜けるという事ができにくいといえます。

 

webデザイナーの転職で成功する秘訣はポートフォリオ

webデザイナーの転職で成功する為の秘訣はポートフォリオにあるといっても良いかもしれません。

ポートフォリオというのは資産を分散させる時にどの資産をどんな割合で保有するかを考える事をいうのですが、webデザイナーの場合はスキルと実績、そして信用など自分がもっている武器をどれだけ増やしていく事が出来るのかが鍵になるという事を意味しています。

単にデザインが早いというだけであったり、オリジナリティがあるというだけでは、企業が求めるものと合致する可能性は少ないという事が言えます。

ですが幅広くさまざまな事が出来るという事になると、企業としても信頼して任すことが出来る事にもなります。

つまり、自分の価値が上がっていく事になるというわけです。一つのスキルを大幅に伸ばして、それをアピールするというのも一つの考え方ですし、幅広いスキルを獲得してどんな依頼にも対応できるという柔軟性をアピールするのもいいでしょう。考え方は人それぞれですから、自分のスタイルはこうだと言えるようにしておくことが大切で、それが自分のポリシーにもなっていきます。

webデザイナーはオリジナリティなども求められますが、万能性も求められるところもあるので、自分が武器とするものは何かを考える必要があります。

 

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です