未経験

正社員経験なしでもwebデザイナーに転職できる方法

webデザイナーの求人広告を見ると「職務経験」「実務経験」「経験者優遇」という文字をよくみると思いますが、webデザイナーとして正社員で働いた事がなくても、転職する事は可能でしょうか?

実務経験がなくてもwebデザイナーにはなれる?

Web業界でも、制作会社によっては実務経験を求める事があります。

しかし、業界未経験者でもwebデザイナーを目指せるチャンスがあり、未経験者募集の求人を見つける事が可能です。

webデザイナーは制作会社におけるWebページのデザインを担当する技術職であり、職場において必要な存在です。

近年では、一般企業においてもWeb部門や専門の子会社を持っているケースが増加しており、そういった企業のwebデザイナーの求人を目指すといった選択肢が選べます。

スキルに関しては実務経験があった方が様々なシーンに対処出来ますので有利ですが、他業種で全く違う仕事をしていた人でも、Web制作会社のアルバイトや契約社員で入社して、その後の頑張りで正社員として働いているケースもありますので、チャンスを活かすのであれば、正社員に拘るのではなく、契約社員やアルバイトとして入社してみるのも、実務経験が無い人がwebデザイナーになるのに有効な手段です。

スキルを身につけるには独学で学んだり、スクールで学んだりする方法がありますが、契約社員やアルバイトでスキルを高めていくといった方法も多くの場面で役に立つでしょう。

実務の経験が無くてもwebデザイナーになる事は十分に可能です。

 

未経験でも評価される為に必要な事

Web制作会社の求人に応募する際に、未経験でも会社に評価されるには自らの実力を制作会社に示す事が大切です。

その方法は、履歴書や職務経歴書の他に、ポートフォリオという作品集を用意する方法があります。

webサイトを構築して、そのデザイン力やスキルなどの概要とwebサイトのコンセプトをまとめておき、面接の時にその資料を基にして説明が行えるようにしておくと良いでしょう。

未経験者は、企業にとっても、どのような能力を持っている人であるのかが分かりませんので、求人に応募した人は自己アピールの一環でポートフォリオを作成しておくのが良い方法であり、面接官との会話がし易い環境作りが行えます。

その為、面接官が興味を持ちそうな内容やデザインを組み立てていく事で注目度を高めていく事が出来ます。

ポートフォリオには、サイトの構成を出来るだけ分かりやすく詳細に記載していき、そのサイトに使われている技術の説明やサイトのコンセプトと注目してもらいたい内容を具体的にまとめていきます。

このように資料を丁寧に作り、入念に面接の対策を行う事で未経験でも評価され易い環境を構築でき、自らの実力を他者に知ってもらう事が出来るでしょう。

 

アルバイトから正社員を目指す方法もある

未経験で制作会社や一般企業のWeb部門の正社員として入社するのは難しいです。

ポートフォリオの完成度が実務に耐えられるぐらいの実力を示していれば可能性がありますが、完全に業界での実務経験が無いのであれば、アルバイトで入社した方がwebデザイナーになる為の勉強を一から行えますので効果的です。

アルバイトから正社員を目指す場合は、制作会社に昇格のシステムと適切に評価する仕組みがある事が前提になってきます。これらのシステムが無ければ、アルバイトから正社員になる事は出来ません。

現場で仕事をして、webデザイナーとして活動するのに必要な知識を得ていく事で、実力をつけながらwebデザイナーで活躍出来るようになります。つまり、評価してもらうには、適切な職場を選ぶ事が重要であり、制作会社選びを入念に行っていく事がとても大事です。

他にも派遣会社に登録して派遣社員で働く方法もあります。この方法のメリットは、様々な現場で働く事が出来る事であり、その現場で評価が高ければ、会社から誘いがあるケースもあります。

そのようなケースになるには、相応の実力がある必要がありますので色々な経験を積んでいきたいといった場合には派遣社員という働き方が有効です。

 

やる気と根性があれば正社員経験無しでもwebデザイナーにはなれます

webサイトのwebデザインを構築する職業であるwebデザイナーは、正社員の経験無しで働くには、それなりの努力が必要です。

アルバイトや契約社員、派遣社員といった選択肢がありますので、自分に合った働き方で実力を発揮出来る環境を求める事が大切です。

Web技術のスキルを身につけるには、体系的に学ぶのであれば、スクールに通うのが有効ですが、現場でどんどんスキルを身につけていくのであれば、アルバイトなどで制作会社に入社して実力をつけていく方が良いです。

やる気と根性があれば正社員への道が開けてきますし、他業種からの転職を考えている場合にチャンスが巡ってきます。

Web業界では、プロデューサーやプランナーやWebプログラマーなどがwebデザイナーと共に働いています。

その人々と共同で依頼された企業サイトを作り上げていく作業を行いますので、かなりの根気が必要です。

正社員経験無しの人がwebデザイナーになる為には、努力を評価してもらえるように目に見える形で表現してアプローチを行っていく事が求められます。

やる気と根性だけでなく、どのようなルートを辿れば正社員のwebデザイナーとして活動出来るのかを工夫しなければいけません。

 

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です