未経験

独学でwebデザイナーになるのにまずやること

独学でwebデザイナーを目指そうと思ってもいざ、何から始めればいいかわからない事ありませんか?

結局、何もできずそのままフェードアウトしてしまう…なんて事は珍しくありません。

この記事では独学でwebデザイナーになる為に、やらないといけない事をピックアップしています。

独学でwebデザイナーを目指すならポートフォリオは必須

独学でwebデザイナーになるのにまずやることはポートフォリアサイトを作成することです。厳密に言えば独学でなくてもwebデザイナーの転職にはポートフォリオサイトはほぼ必須です。

ポートフォリオサイトとは?

ポートフォリアサイトというのは自分のwebデザインを発表するwebサイトのことで、まずはこれが無ければ話になりません。

ポートフォリアサイトはwebデザイナーの名刺の様なものと考えるといいでしょう。自分にはどういうスキルがあってどのようなデザインが出来るのかを世間に知ってもらうという大きな情報源となるものです。

ですからまずはこれを作る必要があるわけですが、これにはいくつかの便利なツールがありますから、その中で最も自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

ポートフォリアというのは株などの資産を保有している時にどのような割合で資産を保有するのかという事を考える言葉なのですが、これをwebデザインのサイトの当て嵌めると自分が持っているデザインのスキルはこのような割合になっているという事を示すという事がこのサイトを作成する意義という事になります。

クライアントはそのポートフォリアサイトを見て自分の依頼をするかどうかを考えるようになります。

デザインは当然のことながら一つだけしかないというわけではなく、さまざまなデザインがあり、クライアントがイメージするものと似たものがあれば、それが依頼につながっていく事になるわけですから、まずはこの自分のデザインをアピールするwebサイトの構築が必須になるというわけです。

 

ポートフォリオサイト作成に役立つツール3選

webデザイナーがポートフォリオサイトを作成する時に使えるツールを3つほど紹介しておきましょう。

salon.io

このツールは画像データをドラッグ&ドロップする事でサイトが作成できるツールで、簡単にサイト作成が出来てしまいます。

既にプラットフォームのようなサイトのが骨組みが出来上がっているので、後は画像データをそこに入れればいいというわけです。3ページまでは無料で使うことが出来るので、とりあえず使ってみていいなと思えば有料プランにするという事を考えてもいいのかもしれません。

WordPress

WordPress(ワードプレス)これはホームページを作成するツールです。

基本的に無料で使うことが出来るわけですが、これは非常に多機能でカスタマイズも自在に出来るのでデザイン性を高めたサイトを作成することも出来るようになります。これも無料版から使用して気に入ったら有料版にするという事を考えてもいいでしょう。

Strikingly

Strikinglyは画面のデザインを編集することが出来るのが特徴的で、有料にするとネットショップを兼ねることも出来るようになるという機能性の高さが魅力でもあります。

使用するツールは他にもいろいろとあるので、別のツールを試して見ても良いかもしれません。

そして気に入ったものを使用すれば言い訳です。

 

なぜポートフォリオサイトが必要なのか?

要は自分のwebデザインを世間にアピールするサイトが必要になるので、まずはそれをする必要があるという事です。

後はクライアントがそのサイトを見て依頼をしてくれるようになるとそれでwebデザイナーとして活躍することが出来るようになるというわけです。

クライアントは厳しいという現実

基本的にクライアントは非常に厳しいという事を自覚しておく必要があります。何しろお金を出してデザインを買うわけですから、それ相応のモノを作る事が求められるという事は覚悟しておく必要があります。

webデザイナーになるという事はそうした高いレベルの要求に応えることが出来るようになる事であって、単に自分の技術を誇るというような事をするわけではないという事を知っておく事も必要です。

自分の技術やデザイン力をアピールするのであれば、このようなポートフォリアサイトを作る必要はなく、自分の好きなものをひたすらサイトに掲載していけばいいわけでですが、クライアントに依頼をもらえるようになるには、そのような自慢のサイトを作るという事ではなく、自分がどのような技術をもっているのか、そして信用して依頼をしてもらう事が出来るのかという事をアピールするのが、こうしたサイトだという事を考えておく必要があります。

それは技術云々ではなく、ビジネスとして最低限のものがある事をアピールする場でもあるわけです。その為には敢えて自分の得意分野ではないようなデザインを掲載するという事を考えてもいいでしょう。

多種多様なスキルをアピールさせよう

クライアントによってどのような依頼があるかわからないわけですから、まずは多くのクライアントの要求に応えることが出来るというスキルを見せる必要があるわけです。

独学でwebデザイナーとなる事を目指しているわけですから、まずはクライアントを確保するという事が最優先課題という事になります。

技術がある事は前提として話をしていますが、当然デザインの技術は必要です。それは紙に書くデザイン力もですが、webに掲載して表示するwebデザインの力も同時に必要になるという事は考えておく必要があります。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です