未経験

40代、50代からwebデザイナーに転職するのは無謀じゃない!?

 

 

歳をとってもWEBデザイナーを目指せる理由

WEBデザイナーに求められることには何があるのでしょうか。

デザインセンスや実務経験を持つ人は即戦力になるわけですから年齢に関係なく転職を行うことも可能と言えましょう。

デザインセンスがなければデザイナーになることさえ難しいと考える人は多いかと思われますが、これは物差しで測ることが出来ないものです。

常に物事を多角的に捉えようとする客観的視点や依頼者の要望を聞き出すヒアリング力、ヒアリングの中で得た情報や要望をまとめあげる統合力、そして自分なりに考えてすぐに行動する企業力を兼ね備えているか否かでデザインセンスは決まると言っても過言ではありません。

未経験の度合いにもよりますが、50代を迎えた人々は、センスの中で重要となるポイントのいくつかを社会人経験の中で得ています。

例えば、ヒアリングを行って得た情報をまとめあげる統合力やお客様が求めている要望を聞き出すためのコツなどを持ち合わせています。

自分なりに考えて行動を行うなども、社会人経験が長い50代の人々が持つ能力とも言えます。

派遣契約などの場合には、こうした実務経験をアピールすることもWEBデザイナーへの転職に役立ちますし、経験が少ない場合でもWEBデザイナーとしての道が切り開かれるケースは少なくありません。

 

雇い主やクライアントは、若いデザイナーを求める傾向にあるのか

WEBデザインを手掛けるweb制作業界は、比較的若い世代を求める傾向が強いと言われています。

但し、これは企業にとって大きな賭けでもあり、その賭けに勝か負けるかは、本人のやる気や向き不向きなどにより決まって来ます。

企業は未経験者を雇用することで教育を行う必要性が出て来ます。

入社して来た未経験者は給料を貰う、企業は給料を支払いながら仕事を教えなければなりません。仮に、途中で退職してしまえば、それまでにかけた時間や工数がすべて無駄になります。

しかし、若い世代の人材を教育することは教える側にとっても自分が持つデザイン力やweb制作の知識力の確認を行うことも出来るメリットを持ちます。

経験者の場合には即戦力で働くことが出来ますが、経験を持つ人材は以前在籍していた会社の風潮を持ち合わせているので、新しい会社の風潮に馴染めずに退職するケースも少なくありません。

未経験者の場合には、まったく新しい分野での仕事になるので、会社の風潮に慣れるように努力をする傾向を持つわけです。

尚、年齢的には26歳や30歳までなどのように、年齢制限を設けているケースが多く、基本的に正社員雇用では30代以上の人は応募が難しいケースが一般的と言えましょう。

 

デザイン制作スキルよりも、違うスキルが求められてくる

WEBデザイナーの中には40代や50代の人々も大勢いますし、クライアントの中にはビジネススキルを持つ50代や60代に仕事依頼をしたいと考えるケースも少なくありません。

制作会社の多くが、20代中盤や30代前半までの人材を求めているケースが多いのですが、これらの年代の人々は人の上に立つ役職に就いた経験がないケースが多くあります。

企業が大きく進化するためには新しい人材を雇用する、その人材を育てることが重要です。人を育てることが出来るか否かで企業の拡大が出来るかどうかが変わります。

人を育てるスキルを持つとも言われているのが社会人経験を長く持つ50代や60代の人々です。仮に、WEBデザイナーとしての経験が浅い場合でも、人材を育てるノウハウを持つなどからも、契約社員で雇用を行う制作会社もあります。

この場合のスキルはweb制作のスキルではなく、人を育てるスキルとして企業は考えている、社会人の経験を持つ人を会社の中に配置することは、これから会社を大きくするためには必要不可欠なことです。

仮に、人を育てた経験を持たない若い人だけの会社の場合、一時的には売り上げが伸びても、人を育てることが出来ないわけですから、退職者が続出してしまえば会社としての機能を果たせなくなる可能性もあります。

 

できるだけ早くwebデザイナーのスキルを身につける方法

50代の人でも育てるスキルを持つ、社会人としての経験を長く持つなどからも、多少なりのスキルを持つ人であればWEBデザイナーになることが出来るチャンスはあります。

多少なりのスキルがどの程度のものであるのかは別にしても、好奇心や探究心があり、客観的視点で物事を捉える、依頼主の要望を聞き出すためのヒアリング力を持つ、統合力や起動力を持つなどが基本です。

短期間でWEBデザイナーのスキルを身に付けることは転職の時にも有利に働いてくれますが、具体的に何をすれば短期間でスキルが身に付くのかを考え、それを実行することが重要です。 独学で勉強する方法もありますが、独学の場合には何をどのように行えば良いのかが分かる人に最適な方法で、経験が浅い人などの場合は訓練校通ってwebデザインの勉強を行うのが良いでしょう。

また、学校に通うもしくは、独学で学んだ後は、自分の実力がどの程度持つのかなどのアピールに使うことが出来るWEBクリエイター能力認定試験にチャレンジすることです。

WEBクリエイター能力認定試験は日本の民間資格試験で、サーティファイWeb利用・技術認定委員会が主催および認定を行っている認定資格です。

こうした資格を持つことはデザイン力がどの程度あるのかの指標にもなります。

 

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です