【完全版】WebデザイナーにおすすめのWeb・IT派遣会社ランキング

Webデザイナー 派遣Webデザイナー 派遣

未経験からでもWebデザイナーとして働けるチャンスがあり、自分らしく自由な働き方、時間の制約に縛られない働き方を求めて、派遣社員としての働く事を選択する人は多くいらっしゃいます。

しかし、非正規雇用派遣社員は、デメリットばかりにスポットがあたりやすく、ネガティブなイメージを持ちやすいですよね。

派遣切りという言葉があるように、契約更新してもらえなければ、失業してしまいます。

しかし、正社員より派遣社員として働くことが、ご自身のワークスタイルにあっている場合もあります。

この記事では
  • 派遣で初めて働くけど、何を抑えれば良い?
  • 派遣のメリット・デメリットが知りたい
  • 未経験でも派遣でWebデザイナーになれる?
  • 派遣会社の数が多すぎてドコの会社が良いか分からない

この記事では今更、人には聞けない

Webデザイナーとしての『正社員』と『派遣社員』の違い、派遣Webデザイナーとしての働き方やメリット、時給相場などをご紹介していきます。

また、求人数や求人の質、福利厚生、口コミなどから派遣で働きたいWebデザイナーに向けに派遣会社(派遣求人サイト)をランキングにしました。

未経験OKのWebデザイナー求人を取り扱う派遣会社もまとめているので是非そちらもチェックしてみて下さい。

 

さらにWEB業界に強い転職エージェントを知りたい人は下記記事も合わせて読んでみて下さい。

⇒ webデザイナーに特化した転職エージェントおすすめランキング

 

派遣Webデザイナーとして働くメリット

Webデザイナーは未経験からでも働けるチャンスもあり、雇用形態も正社員や派遣社員、スキルを身につければフリーランスや在宅ワークなど自分のライフスタイルに合わせた働き方もできるのが魅力な職業です。

色んなライフスタイルがある中で派遣を選ぶメリットは何でしょう?

  • アルバイトより時給が高い仕事が多い
  • 派遣で実務経験を積む事ができる
  • 残業なし!働く日数・日時を選べる
  • 大手の派遣会社であれば福利厚生が充実している
  • 会社によっては正社員雇用の可能性もある

また、派遣先の企業と契約などに関するトラブルがあった場合、派遣元の会社に相談すればその会社のスタッフが対応してくれます。

何か気になることがあれば相談できるスタッフがいるのも、派遣社員として働く上でのメリットです。

MIYUKI
MIYUKI
派遣で実務経験を積む事ができるのがとても大きいわね

アルバイトより時給が高い仕事が多い

派遣社員はボーナスがない分、月あたりに貰える金額で言えば正社員よりも貰えることが多いです。

Webデザイナーに未経験の状態でアルバイト入社した場合の平均時給は約1,000円前後

1日8時間勤務して月に20日出勤したとしたら約150,000円でそこから年金や保険料が引かれるので大変です。

MIYUKI
MIYUKI
派遣社員の場合、三大都市圏における平均時給は1,536円あるの

>> 派遣社員で働くWebデザイナーの平均時給はいくら?

地域にもよりますが最低でも1,100円は硬いです。

未経験でもこれだけ時給がもらえれば、へたなブラック制作会社よりも稼げてしまいます。

KENJI
KENJI
正社員より派遣社員の方が稼げるって話はよく聞くよね
MIYUKI
MIYUKI
私が登録した時は最大で月収39万円を提示されましたし、派遣でこんなに貰えるんだって驚いたわ

さらに派遣社員の場合は5分でも残業すると残業代が必ず出るようになっているところがほとんどです。

MIYUKI
MIYUKI
場合によっては、正社員としてWebデザイナーをしていたときより、年収が高くなる人もいるわ✨

派遣で実務経験を積む事ができる

即戦力を求められる正社員と違い、派遣社員は画像の切り抜きなど簡単なアシスタント業務がメインになります。

  • webサイトを作りたい
  • デザインがやりたい

という夢を持っている人にとってはもの足りないかもしれませんが、簡単なアシスタント業務でもwebデザインスキルを身につけるための第一歩。

最初は簡単な仕事しか任せてもらえなくても、与えられた仕事をきちんとこなしてやる気をアピールすれば、自然と任せてもらえる範囲も広がっていきます。

派遣社員だからと遠慮せず、その会社の一員になったつもりで業務に取り組むことがWebデザイナーへの近道なのです。

この業界では、ある程度のスキルと実務経験が問われるため未経験からWebデザイナーになる事は難しいです。

アシスタント業務ばかりでも1年下積みをすればWebデザイナーらしい仕事が振られるでしょう。また、アシスタントでもWeb業界に1年勤めたとなると実務経験あり求人に応募が出来るため、転職にも有利になります。

正社員になるのは準備期間も必要ですし、採用基準も高いのでまずは派遣社員になりスキルを磨くことをおすすめします。

お金と時間に余裕があるならばじっくりとスクールに通って勉強するのもありだと思います。個人的には「インターネット・アカデミー」がおすすめ。

残業なし!働く日数・日時を選べる

WebデザイナーなどWEB業界の職業は残業が多い企業も少なくありません。

拘束時間が長いと、どうしても私生活に支障をきたします。

  • 終電での帰宅や徹夜は、体力的に限界
  • 結婚後、Webデザイナーとして働くのは難しい

この様な悩みは派遣社員として働く事で解決する事ができます。

派遣社員であれば、働く日数と日時、短期か長期かなど選べる事ができます。

そして、派遣社員の求人には『残業なし』が多いです。

KENJI
KENJI
でも、実際に働いてみると残業があった、とかのパターンじゃないの?
MIYUKI
MIYUKI
その点に関しては心配いらないわ

派遣社員には『就業条件明示書』という契約があり、ここに『残業なし』の旨が記載されていれば、派遣で働いている会社で残業が発生するということは、絶対にありません。

万が一、この契約を交わしているのに、派遣先で残業が発生した場合は、すぐに派遣会社の担当に連絡しましょう。

派遣会社はあなたの味方です。

MIYUKI
MIYUKI
すぐに派遣先の会社と連絡をとり、解決に向けて動いてくれるはずよ

就業条件明示書』はかなり厳密なものなので、これで契約している以上、まず残業は発生しないと考えて大丈夫です。

KENJI
KENJI
逆に残業したい場合は残業代はでないの?

残業するときは、通常の時給から25%増にアップします。 

時間外労働手当てがきちんと支払わえれるというのは、嬉しいものです。

MIYUKI
MIYUKI
これは派遣社員ならではの大きなメリットといえるわね🎵

 

大手の派遣会社であれば福利厚生が充実している

会社によって違う事はありますが、大手会社であれば正社員と同レベルの福利厚生を受ける事ができます

例えばウォーターサーバーの使用やコーヒーサーバーなどの使用料も正社員と同額なことがあります。

他にも仕事に必要なPC機器、文具なども会社負担で発注して貰えます。

ただし福利厚生を受けることができるかは派遣先で変わってしまうため、事前に確認しておくと良いでしょう。

>> おすすめ派遣ランキング

会社によっては正社員雇用の可能性もある

派遣会社には『紹介予定派遣』という、正社員を前提としたシステムがあります。

紹介予定派遣は、直接雇用を前提とした人材派遣システムです。事前に決められた一定期間(最長6カ月)を派遣スタッフとしてご就業いただき、派遣期間終了後、派遣スタッフと派遣先企業との双方の合意により、派遣先企業の社員として直接雇用となります。

引用:マイナビスタッフ

派遣契約が終了時に、お互いの合意があれば、派遣先の会社で正社員として働くことができます。

過去に正社員になった派遣社員がいる会社では、時期やタイミングもありますが派遣やバイト関係なく正社員登用を検討してくれる会社が多いです。

どうしても実務経験が浅いと、正社員を前提とした転職活動をしていても、内定をもらいにくいですが、紹介予定派遣だとグッと採用のハードルが下がります

しかも、紹介予定派遣で紹介される求人案件には、有名企業をあったりするので、要チェック。

MIYUKI
MIYUKI
他にも年齢が派遣先にバレない(非公開)、面倒な社員イベントへの参加が無い、など細かいメリットもあるわ
KENJI
KENJI
こうやって見ると派遣社員ってメリットがいっぱいじゃない?

 

派遣Webデザイナーとして働くデメリット

続いて、派遣Webデザイナーとして働くメリットは分かったけど、もちろんデメリットもあるよねという方のために、デメリットを解説します。

  • 派遣切りの可能性や契約終了があり不安定
  • 会社に連絡する時が面倒くさい
  • 時給は良いが、年収が伸びない
  • 祝日が多い月はその分、給料が減る
  • 交通費が出ない
  • 住民税を自分で払う必要がある
  • 派遣社員は外注的な扱いをする人がいる
KENJI
KENJI
意外にお金関係がシビアだったりするね…

派遣切りの可能性や契約終了があり不安定

契約期間に期限のない正社員と違って、派遣社員は最初は1ヶ月、その後は3ヶ月毎に契約が更新されます。

そして労働派遣法の改正により最長3年しか同じ組織に入られません

KENJI
KENJI
派遣社員ってずっと同じ会社にはいられないのか😭

Webデザイナーの場合、そうそう派遣切りに合うこともないと思いますが、事業悪化やサービス終了等が理由で派遣切りにあう可能性もゼロではありません。

MIYUKI
MIYUKI
しかし、数ヶ月でも1年でも働いたことは実務経験として残るので、次の転職に前向きに活かしましょう💡

会社に連絡する時が面倒くさい

朝、体調が良くなかったり、電車が止まって会社に遅れる時は派遣先の企業と派遣会社の両方に電話連絡する必要があります。

数分の遅刻であっても遅刻証明書を提出しなければならないのでとても面倒です。

MIYUKI
MIYUKI
正社員よりも厳しい部分もあるけど、何かトラブルがあった時は必ず派遣会社が味方になってくれるわ 

 

時給は良いが、年収が伸びない

 

 

交通費が出ない

実は派遣社員の場合、交通費が支給されません。

家から職場までの電車賃が片道300円なら20日間で往復12,000円かかり、片道400円なら16,000円かかります。

時給が比較的高く、残業代が出るのが派遣の魅力でもありますが交通費が出ないという事は覚えておきましょう。

MIYUKI
MIYUKI
交通費の事も考えると家から近い職場を選ぶ事よ

>> 職場に近い派遣会社を探して見る

住民税を自分で払う必要がある

保険料や所得税が給料から天引きされる一方で、引かれていないものもあります。

それが住民税です。

住民税は前年の1月から12月までの収入に応じて支払い額が決まります。

正社員やバイトが「特別微収」という方法で給料から住民税が引かれるのとは違い、派遣社員は自分で支払う「普通微収」となっています。

毎年6月頃に振り込み用紙が届くので、10万〜20万円ほどの支払いを覚悟しておきましょう。

KENJI
KENJI
住民税用にしっかりお金残しておかないとね 
MIYUKI
MIYUKI
ちなみに支払い方法は全額一括払いと4回払いが選べるわ

 

派遣社員は外注的な扱いをする人がいる

残念ながら派遣社員を自社の社員とは思わず、外注的な存在として扱う人もいるのは事実です。

正社員には優しいのに派遣社員にはやたら厳しかったりなど、ストレス発散のはけ口を派遣社員に向けているケースです。

その様なトラブルがあった場合、派遣会社に相談すれば会社と話し合ってくれて解決してくれます(もちろん匿名で訴える事が可能)最悪、他の会社に移してもらえる事もできます。

 

派遣で働くのは決して恥ずかしい事ではない

 

派遣でもWebデザインスキルは十分に身につく

 

 

Webデザイナーに強いWeb・IT派遣会社を選ぶポイント

 

 

 

【完全版】WebデザイナーにおすすめのWEB・IT派遣会社5選

 

 

 

派遣サイトを利用する3つのコツ

 

 

 

Webデザイナーの派遣は未経験でも働けます

 

 

 未経験からWebデザイナーを目指すなら『正社員』と『派遣』どちらを選ぶべき?

研修

未経験でWebデザイナーの経験を積むなら派遣が適している

未経験でも派遣として雇ってくれる企業はあります。

 

 

 

Webデザイナーが派遣で働く為に取得すべきスキル

 

未経験の人が一度は目を通したいページ

 

 

未経験からWebデザイナーに転職したい人におすすめの転職エージェント3選

 

 

Webデザイナーの仕事内容・業務リスト

単にビジュアルをデザインするだけでなく、双方向性といったインターネットの特長を活かしたWEB特有のデザイン手法を用い、文字・画像・動画・音声といった素材を3次元的に組み立て、WEBサイト全体の構造そのものからデザインしていきます。サイト制作にはHTML、JavaScriptなどの言語を使い、高度な技術と知識、センスが求められるお仕事です。

 

 

派遣社員で働くWebデザイナーの平均時給はいくら?

Webデザイナー 派遣 時給Webデザイナー 派遣 時給

人材サービス大手のエン・ジャパンが発表した2018年3月度の派遣スタッフ募集時平均時給分析によると、三大都市圏における平均時給は1,536円だったそうです。
この数値は、全体の傾向として上昇傾向にあるということができます。

正社員のWebデザイナーの平均年収は、正社員1年目でおよそ280万円〜320万円のようです。月収だとおよそ23万円〜26万円という計算になります。ここから所得税など様々なものが差し引かれるため、手取りはこの額よりも少なくなります。

一方派遣社員の場合ですが、先ほどの時給額を参考に、仮に1,500円/時とした場合、以下のようになります。

例)1,500円×8時間×20日=240,000円/月
240,000円/月×12ヶ月=2,880,000円/年

もちろん、派遣でも差し引かれるものはありますが、数字だけ見ると正社員より収入が良いように見えます。

MIYUKI
MIYUKI
ただ、正社員とは違いボーナスはありません
一般社団法人 日本人材派遣協会

では、なぜ派遣の平均時給が上昇傾向にあるのでしょうか。

職種別の平均時給は全職種で軒並み上昇しているものの、特に「オフィスワーク系」「営業・販売・サービス系」「クリエイティブ系」が過去最高時給を出しており、全体の数値の引き上げに貢献していると発表しています。

派遣の平均時給が上がっている理由

人手不足を背景に全職種で前年比プラスとなった。
特にウェブデザイナーが前年比5%増の1844円になるなど、IT系を中心とした高度人材の時給が上がった。

引用:2018年4月20日付朝刊 日本経済新聞1面「派遣時給1年半ぶり上昇」より

MIYUKI
MIYUKI
派遣の全職種の平均時給の上昇率が前年比0.1%だからWebデザイナーの5%という上昇率がいかに大きい数値か分かるかしら?
KENJI
KENJI
 それだけ、Webデザイナーの人材ニーズが高まっているって事なんだ💡

 

つまり、

 

ニーズのある高度スキルをもった人材の不足、そして働き方改革などの市況の流れがあって、完全売り手市場である今、就職や転職、就業のチャンスは多くあります。

そのため、就職・転職をゴールとして考えるのであれば、派遣社員のWebデザイナーとして働き始めることは今は難しくないと言うこともできます。

しかし大事なのは、とりあえずの就職や転職ではなく、その後を含めたキャリアプランを見据えてスキルを習得しておくということです。

おすすめ派遣ランキング

 

 

まとめ

 

 

転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング