キャリアップ

今の売り手市場を考えるとデザイナーはほぼ転職できる?

現在、Webデザイナーの転職は売り手市場だと言われています。

では、なぜWebデザイナーの転職は売り手市場なのでしょうか?

売り手市場とは?

売り手の立場が買い手より優位に立つ市場状況のこと。一般的に、市場で品薄感があったり、値上り気味の商品であったりして、需要が供給を上回ると、売り手が、取引条件や価格設定について主導権をもつようになる。買い手は選択余地が少なく、生産され、販売されている商品を売り手の指示に従って買わなければならず、売り手にとっては都合のよいことになる。

引用:weblio

つまり、売り手市場だと転職しやすいという意味です。

Webデザイナーは転職市場にどのくらいあるのか

雇用動向調査の概要」によると

・情報通信業の入職(新しい仕事を始める率)率:11.4%
・情報通信業の離職(既存の仕事を辞める率)率:9.4%

9,469人×11.4%=1,079人

毎年1,079人のデザイナーが新しい職場に移るとします

転職活動をしても良い転職先が決まらず、転職できない人もいますが、

今の売り手市場を考えるとデザイナーさんだったら90%ほど転職できる計算ですね。

10人中9人は転職が決まるとして、

1,079人÷90%=1,199人

MIYUKI
MIYUKI
1年間で転職活動をするデザイナーさんは1,199人

現在、制作会社にいて転職活動をしている人も同じ確率だとして、
制作会社在籍のWebデザイナーで転職市場に出てくる人は219人

ということで、

Webサービス企業が採用ターゲットになるデザイナー数は年間で1,309人

もちろん繁閑はありますが、月間だと109人

転職活動はだいたい3ヶ月くらい平均で行うとしてもアプローチ可能なのが327人です。

採用活動でターゲットになりえる人数はおおよそ327人

これに対し転職サイトの求人数は約1,000件以上あります。

約1,000件の求人に対し転職者は327人と圧倒的に売り手市場だという事がわかりますね。

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です