キャリアップ

webデザイナーの転職は当たり前?転職回数が多いほど有利な訳とは

 

webデザイナーの転職回数は何回がベスト?

webデザイナーはいくつかの職場を重ねていくことによって、キャリアアップすることが出来る仕事だとよく言われています。そのため、転職3回めでようやく一人前のwebデザイナーだと認められるケースもよくあることです。 しかし、これは転職に成功した一部の人達だけですので、不況の時には早まった選択はしない方が賢明でしょう。 新卒でwebデザイナーの職に就いて、同じ職場で働き続けることが出来る転職回数0回の方はよほどベストな職場環境に恵まれていたといえるのではないでしょうか。 現在は転職回数は2回から3回以上は当たり前だという時代になっています。転職することによって前よりもよい職場環境を手に入れたいという方も多く、実際に転職した先でうまくいったという方もたくさんいるのではないでしょうか。 20代のうちはまだ仕事を覚えていく段階ですので、最初のうちは仕事を覚えるまでの間は多少は我慢して転職0回で仕事を続けていった方が賢明です。 webデザイナーとして独り立ちすることが出来、現在いる職場環境に満足できなくなってしまったり、もっと自分の実力が出せる会社で働きたいと思い始めた時が、1回めの転職のチャンスの時だと思った方がよいでしょう。

 

webデザイナーは転職回数が多くても不利にならなかった経験談

webデザイナーは正社員として同じ職場に居続けると、似たような仕事をずっと続けなければなりませんので、もっとキャリアアップをしたいという方や色々な分野の仕事をして、知識や経験を身につけたいという方は、同じ職場で働き続けるのは、キャリアアップの面からみるとあまり有意義なことではないかもしれません。 そこで転職回数があまりない方にお勧めなのが、正社員以外働き方です。例えばwebデザイナーを専門に扱っている人材派遣会社では求人募集をよく行っており、好条件で働くことができる職場がいくつかありますので、こうした職場を狙って求人活動をしてみてはいかがでしょうか。 派遣という形で働くことによって色々な職場で経験や知識を身につけることが出来ますので、自分のキャリアを高めていくことが可能になりますので、色々な職場を経験したいという方には向いているのではないでしょうか。 派遣での仕事は最初の契約時に就労条件が決められていますので、条件に見合うかどうかを初めによく確認することが必要です。またもし自分が戦力として認められない場合、次の更新がなくなってしまうため、常にある一定以上の実力を身に続けていることが必要になります。

 

 

転職回数が多くても、必然的な理由があれば問題ない

転職回数が多いと、雇用する側にとってこの人は一つの職場で務め続けることが出来ない人ではないのか、コミュニケーション能力が不足しているため転職活動を続けているのかとマイナスイメージにとらわれてしまうこともあるかもしれません。 しかし何か人にはない能力や強みなどがあれば、問題なく雇ってもらうことが出来ます。 例えばサイト制作にかけては素晴らしい作品を作ることが出来る、人には真似することが出来ない素晴らしいサイト制作が出来る、デザイン力が人にはない奇抜なものがあり素晴らしいなど、この人を必ず雇用したいという魅力的な人材であれば、問題なく転職活動はうまくいくことでしょう。転職活動が多いほど、スキルも高いということを実証することが出来れば、その後も経験を積んでいくことによって就業し続けることが出来ますので、どこからでも声がかかる人材になれるように自分自身も努力し続けることが大切になります。 もちろん同じ職場で長く働き続けることも有意義なことですし、転職を何度も繰り返し色々な職場でスキルアップを目指すのもその方の自由です。 自分がどう働きたいのかをよく考えて、職場を見つけていくのが出来るwebデザイナーだといえます。

 

 

転職回数が多くても不利にならない面接での受け答え方

webデザイナーとして転職活動をする場合、転職回数が多いと心配なことがあります。それは面接官が転職歴が多いとマイナス的なイメージを持たれてしまうのではないかということです。 確かに日本の職場では職場を転々と変わっていることに対し、何か問題がある人ではないかと考えてしまうのが当然でしょう。 そこで面接時には相手にマイナスのイメージを持たれないように好印象を与えることが出来る受け答えを行わなければなりません。 もし自分が職場を変えることによって、webデザイナーとしてのキャリアを高めていきたいのであれば、きちんとその思いを面接時に伝えることが大切です。そして職場を変えることによって身についたキャリアがどの程度のものか、自分の実力はどれほどのものかについてきちんとアピールしていくとよいでしょう。 また仕事に対する姿勢や情熱などについても相手にわかるようにしっかりと伝えるべきです。自分がやりたい仕事ができる職場であるかどうかも面接時にしっかり聞いておくとよいでしょう。 面接官にこの人を採用したいという気持ちになってもらえれば、過去の転職経験は不利になることはありませんので、自信を持って受け答えをすることが重要です。

 

 

 

 

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です