キャリアップ

webデザイナーから転職する時、どんな業種が合ってる?

 

webデザイナーから他業種に転職する理由

web制作会社は中小企業が多くあるため、会社の社風にもよりますが体力勝負な一面もあります。繁忙期には仕事が詰まりすぎていて残業が長く、帰れなくなることも決して珍しいことではありません。

休日出勤があることもありますが、それらに対する補填は会社の判断次第です。将来の自分のキャリアのために前向きな転職をする人もいますが、中にはこうした会社の待遇や業界に不満を持って転職をする人もいるのです。

大企業が少ないため、1つの制作会社に入ったときからすでにステップの1つだと考えている人も多く、web業界は他の業種と比較しても転職が多い業界となっています。中には自由に時間を使いたいという希望から、フリーランスに転職する人が多いのも特徴の1つです。フリーになることによって自分のペースで自分の好きな仕事ができるようになりますが、会社に勤めていたころと比較すると不安定な生活になってしまうこともあります。

web業界でデザインの技術を学んで、別の業界に移っていく人も多くいます。仕事をしている間に様々な業種の案件に触れる機会があるため、いろいろな業界の人の話を聞くこともでき、他にやりたいことを見つけることができる可能性もあるからです。

 

元webデザイナーは転職には有利?

webデザインという仕事が他業種で活きる可能性はゼロではありません。例えばwebから紙媒体のデザインに行く人もいますし、ゲーム会社に転職をする人もいます。

フォトショップやイラストレーターのように広くデザインに使われているようなソフトを次の職場でも使う場合は、すでに操作に慣れているため、転職には有利になるでしょう。ゲーム会社でも最近はアプリやブラウザーベースの製品を出しているところも多いため、webデザインと似たような仕事内容になることもあります。

全くの異業種に転職する場合はそれほど有利になることはありません。業務の中で何かデザインを作る機会があるのであれば活かせることもできますが、それがメイン業務とならないのであればwebデザイナーとしての経験は判断材料にはされないでしょう。採用の基準は人柄や性格などで判断されることになります。

異業種への転職はなるべく早いうちに済ませたほうが無難です。最近では転職する人も多いため、新卒で入って数年以内に転職する人を第二新卒として積極的に採用している企業もあります。

年齢が高くなるにつれて異業種への転職は敷居が高くなるので、採用率が高い若いうちが勝負になるのです。

 

どんな業種があっている?

webデザイナーとして学んだ知識を生かしたいのであれば、同じようにパソコンを使ってデザインが行える業務やパソコンを使ってコンテンツを作る仕事、広告関係の仕事を探すと良いでしょう。

業種としては印刷会社、映像会社、広告代理店、ゲーム制作会社、人材派遣業、ライターなどがあります。 特に印刷関係ではwebから紙媒体に変化しただけですので、dpiやデザインの仕方にさえ注意していれば簡単に慣れることができます。

反対に紙媒体からweb業界に入ってくる人も多いため、この2つの業界はとても近いものだと考えておいて良いでしょう。

映像会社やゲーム制作会社では使うソフトに違いが出てくることもありますが、webデザイナーと同じようにパソコンを使って制作物を作り上げていきます。webデザイナーの中でもアニメーションやリッチコンテンツを作っていた人は入りやすい業界です。ゲームでもユーザーインターフェイスの制作が必要なので、UIデザイナーになることもできるでしょう。

広告代理店や人材派遣業ではデザインそのものに関わる機会は少なくなりますが、ディレクションも担当していたwebデザイナーなら入りやすいです。豊富な知識や文章校正能力があればライターとして記事作成をすることもできます。

 

webデザイナーには有利・不利な職業

このようにパソコンを使って何かしらのデザインをする業界であれば有利になることがありますが、それ以外の業種では職歴が活きてくることはあまりありません。

飲食業界、アパレル、小売り、サービスなどの接客業ではほとんど役に立つことはありません。webデザインをしていたから不利になることはありませんが、有利になることもないのです。

転職を考えているのであれば、何かしらの資格を取っておくのも良いでしょう。国家試験のように受験資格があるものは難しいものの、一般の資格であれば勉強さえすれば取得できるものも数多くあり、転職に役立つこともあります。

ただし転職するタイミングによって不利になることもあります。それが30代以降の異業種への転職です。30代を過ぎてから新しく何かを始めることはとても難しいことです。企業側も成長が見込める若い人を積極的に雇いたいと思うため、何かセールスポイントがないと異業種に入ることは簡単なことではないのです。

人手不足の中小企業の場合は転職することができることもありますが、まず下積みをして技術や実績、経験を重ねていかなくてはなりません。

希望する会社に入るためにはその業界が属する入りやすい会社で経験を積む必要が出てくることから、希望する会社への転職のハードルは1ステップ多くなります。

 

ABOUT ME
MIYUKI
MIYUKI
転職アドバイザーのMIYUKIです♪ Webデザイナー関係の転職情報を皆さんにお届けします♪
転職エージェントおすすめランキング
webデザイナーに特化した 転職エージェントおすすめランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です